1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 << May 2017 >>

TWO PIECE

ブロガーに!俺は、なる!!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RECENT COMMENT
ARCHIVES
BOOKMARK
AMAZON
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています






【 - |  | - | - 】
魔法試験
バレンは激怒した。必ず、このエリーを改心させなければならぬと決意した。

エリーが魔法試験を一人で受けると言い出したのだ。

魔法試験とは一年に一回開かれる国家試験、魔法使いになるための試験だった。

試験は、5日間。実技試験が4日間、それに通ったものが面接を受けられる。

すべてを通過して、はれて魔法使いだ。

この試験、一匹の動物を従えることが公認されている。

一昨年流行った映画の影響で、黒猫を従える受験者が圧倒的に多いが、最近は白いフクロウも密かに人気らしい。

アヒルのアオイはまだまだ幼い。犬のバレンはこの試験に当然同伴できるもと信じていた。



―――自分の実力を試したい。


それが彼女の希望だった。

彼女は、最後の身支度を整えると、リボンをバッグに押し込んだ。

以前、恋人のハルトから手渡されたブーケに付いていたものだ。

これは、彼女のお守りだった。



エリーは、ふと思う。その昔、誰かが言った言葉だ。

天才とは99%努力と1%の才能だ。

彼女はまさに、1%にあたる人だった。

通常、魔法試験は魔法学校を卒業したものにしか、受験資格すら与えられない。



しかし、彼女は特別だった。

彼女の家系は、まだ刀や槍で戦争が起こっていた時代から、

当時の実力者の影に付き、魔法で国を動かしてきたのだ。

だから、彼女は本来魔法試験すら受ける必要はない。

それでも、同年代の魔法使いの実力や、なにより自分の力を知りたかったのだ。

彼女はバレンの力も借りたくはなかった。





さて、どうしたものか。

あることで彼女は悩んでいた。

試験を受けると決めたものの、5日間も家を留守にすることになるのだ。

しかも、試験期間中は外部との連絡は厳禁だった。






―――彼に何と言おうか





いままで一度も、連絡がとれないということはなかったし、

マメな彼は、いままで一度も連絡をしてこない日はなかった。

それなのに、いきなり連絡がとれなくなってしまっては彼はきっと心配する。

だからといって、正直に魔法試験を受けることは話せない。

魔法学校に通っていない者が魔法試験を受けれないことは誰もが知っていたし、

まして、彼女の家系のことを話すなんて絶対に無理だ。影は影でなければならない。



悩んだ末に、エリーはハルトにメールをいれることにした。





「しばらく留守にします。私は大丈夫よ。気にしないでね。」





い、意味深すぎる。

それくらい彼女にも分かった。

だって、嘘つくのも嫌じゃない! 誰に言うともなく呟いていた。

彼女はドアノブに手をかける、後ろではバレンがふてくされている。








【 ぴーしーず | 17:28 | - | - 】
スポンサーサイト





【 - | 17:28 | - | - 】
 
あわせて読みたい
Twitter ゆんた