1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 << April 2017 >>

TWO PIECE

ブロガーに!俺は、なる!!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RECENT COMMENT
ARCHIVES
BOOKMARK
AMAZON
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています






【 - |  | - | - 】
ブーケは誰の手に?

6月はきらいだ。

 

梅雨が始まって湿気が多くてじめじめする。祝日もない。

 

いいことが全くない月だ。

 

おまけにやっと時間が作れて会えると思ったのに。

 

彼女は友人の結婚式だと言う。

 

誰だ、ジューン・ブライドなんて言い始めたやつ。



 

そして、彼女の愛犬と愛アヒル。

 

奴らの僕を見る目はざまあみろと馬鹿にしてるのと憐れみたっぷりなものだった。

 

いつも一緒にいられるからって生意気な!

 

何故か彼女は奴らを結婚式にも連れて行くらしい。

 

な ま い き な ー っ !



 

・・・。

 

・・・。

 

・・・・・・ふぅ。

 

落ち着け。落ち着け。

 

何をペット相手に熱くなってるんだ。

 

しかも、今さら。

 

今日は彼女の友人の結婚式だった。



 

彼女と出かける予定だったから、特に他にすることもなくぷらぷらと散歩することにした。

 

梅雨の時期に珍しく、からっと晴れていて歩いてると少し汗ばむくらいだ。

 

いつもは歩かない道を探検気分で進むと、人が集まっているのが見えた。


 

 

「こんなところに教会なんてあったんだなー」

 


 

どうやら結婚式のようだ。

 

なんだかまた負の感情が出てきそうだから、さっさと通り過ぎようとした。

 

頭上から何か飛んでくる。

 

思わずキャッチ。

 

・・・・・・花?

 

というか、ブーケ。

 

なぜ。

 

つーか飛ばしすぎだろ。

 

思わずしげしげとブーケを見つめていると。

 


 

「ハルト!?」


 

 

聞きなれた声がした。


 

 

「エリー。あぁ、ここで結婚式だったんだね」

 

「なんでこんなとこに?なんでブーケ?」

 

「散歩してて通りかかったらブーケが飛んできた」

 

「狙ってたのにぃ!」

 


 

恨めしそうに僕を見る彼女。

 

そんな目で見られても、僕だって偶然だ。


 

 

「じゃあ、次の花嫁さんはハルトなのね」

 

「せめて、花婿さんにして欲しいんだけど」


 

 

そんなに欲しいなら。


 

 

「どうぞ」

 

「・・・いいの?」

 

「エリーが持ってた方がいいでしょ。未来の花嫁さん」

 

「ありがとう・・・ってえぇ!?どういう意味?」

 

「さぁ?ご想像におまかせします」

 



 

 

まだ本当の言葉にするには早すぎるけれど。

 

彼女とならって。そう思ったんだ。

 






【 ぴーしーず | 23:40 | - | - 】
キューピット
「ねぇねぇ、エリー。さっきから隣の人が僕のこと見てくるにゃー。」



僕はいま「空港行き」というバスに乗っている。

今日から5日間、西の方のおばあちゃんの家に行くらしい。

そのおばあちゃんの家には飛行機というものに乗らないといけないらしい。


空港とか、飛行機とか、おばあちゃんとかどうでもよかったのだが、

今回はアオイがお留守番で僕とエリーの二人旅ということが僕をワクワクさせた。


ところで、さっきから僕のことを不思議そうに眺めてくる人がいる。

通路を挟んだ向かい側の席に座ってる男の人だ。

歳はエリーと同じくらいか。社会人1年生くらいに見えた。

そんなに犬が珍しいわけでもないだろうにと僕は訝しがってエリーに聞いた。



「ねぇねぇ、エリー。さっきから隣の人が僕のこと見てくるにゃー。」

「きっと犬が珍しいのよ」

それは、思いがけない返答だった。

「なんでなんで!!犬なんてあちこちいるにゃー」

「このバスって空港行きでしょ。空港に犬が行くことが珍しいのよ。」


なるほど。そういうものなのか。

よくわからないが、僕は納得することにした。


「ほらほら、暴れないで、おとなしくしなさい。」

エリーはそう言うが、このお出かけ用のハウスは狭くて仕方ないのだ。



ふと、エリーを見上げると、笑顔でお辞儀をしていた。会釈というものだったか。

僕は顔を男の人の方に向ける。やはり男の人もはにかんだように笑って目をそらした。

それはこっそり見ていたことがばれた顔だった。

そうだ。僕のことを覗き見するでない。




空港に着くと僕はエリーとしばしのお別れだそうだ。

貨物室というところに行くらしい。






気がつくと、明るいロビーが見えた。

人がたくさんいる。どうやら、着いたらしい。

たくさんの人だかりのなかで、僕はエリーを見つけた。

エリーはさっきの男の人と並んで立っていた。

なにやら、仲よさげに見えた。




なんで?




そう思っているうちに僕はエリーに拾われた。

「じゃぁ、またいつか」

「はい、お互いよい旅行になりますように。」

僕の頭上でそんな会話が繰り広げられる。





やっと、顔を出せた僕はエリーに尋ねた。

「どういうことにゃー?」

「バレン、運命ってあると思う?」

「うーん?」

「私ね、あの人と飛行機席も隣だったのよ。」

それがすごい事なのかどうなのか僕にはわからなかった。

「きっと、運命の出会いよね。」

どうやらすごい事らしいのが、エリーの興奮からわかる。


「バレンの話しで盛り上っちゃった。バレンはキューピットかもね。」

「なんかエリーうれしそうにゃー。」


エリーがうれしそうなのはいいことだ。

ふと、エリーが変な紙切れを持っていることに気付いた。

「エリー、何持ってるにゃ?」

「ん?あ、これ。これは名刺っていうのよ。あの人、ハルトって言うんだって」




「ふーん。ところで、キューピットって何にゃ?」






ここから、エリーとハルトの物語は始まった。





【 ぴーしーず | 21:49 | - | - 】
月に願いを
最近、いつも元気な彼女が静か過ぎて怖い。
だからやめとけって言ったのに。
わたしの言うことなんてちっとも聞いてくれない。
あんな魔法気休めでしかないのに。
ま、聞く必要なんてないんだけれども。



わたしの主人のエリーはこの前自分の恋に終わりをつげたばかりだった。
魔法は上手くいった。





それなのに。

 




人間ってわからない。






魔法だけじゃ何かが足りないみたい。




「元気ないじょー」

「そんなことないわよ」

「元気だすじょー」

「元気だってば!」




毎日こうやって励ましてるのに。
エリーはちっとも元気にならない。
ぼーっとする時間が多くて、たまにふと悲しげな顔をする。
バレンはほっとけばいいって言うけれど、わたしはどうしても気になるの。
アイツが隣にいた時みたいに、幸せな顔で笑ってくれたらいいのに。
そうしたらわたしも嬉しいのに。






「お前まで元気なくしてどうするにゃー」

「エリーの元気がわたしの元気だじょー」

「何する気にゃ?」

「月にお願いするじょー」






これは昔から伝えられてるもの。
上弦の月は力があるらしい。
その日に願い事などをすると叶うことが多いとか。






「今年の上弦の月は3月3日だじょー」

「それが何にゃ?」

「雛祭りだから女の子のお願いは叶えてくれるかもだじょー」

「まぁ、がんばれにゃー」






バレンは馬鹿にするけれど、わたしは真剣なのだ。






 
3月3日、月は綺麗に現れた。



  







 
どうか、エリーが元気に笑ってくれますように。

エリーを幸せにしてくれる人が早く来てくれますように。





【 ぴーしーず | 00:00 | - | - 】
バレンタインの結論
「あーもう!しまったなー」

超特急で台所をうろつきながら、私は小さくつぶやいた。

最悪だ。寝坊した。

バレンタインが土曜日なのをいいことに、私は当日までチョコを作っていなかった。

朝から作ればいいかっていう考えが甘かったのだ。

なんとか夕暮れに間に合わせないといけない。



「もう間に合わないにゃー」

「やめとけっていう、おとうさまからのおつげだじょー」

犬のバレンとアヒルのアオイが、私のイライラなど関係なく騒いでくる。

「うるさいなー!だいたいなんで起してくれなかったのよ」

「だって、僕はそもそも今日の魔法には反対だもんにゃー」

「私が十分悩んでたのは、あんたたちが一番よく知ってるでしょうよ」

「でも、にゃー。ずっと想ってるままほうがいいと思うにゃー」

「はいはい、おだまりっ!いいかげん、犬のくせににゃーにゃー言うのやめてよねっ」

「けけけ、おこられてるじょー」

「あんたもうるさいのよ」

私は、近くにあったスプーンをアオイに投げつけた。

「いたいじょー。ぎゃくたいだじょー。こうぎします。わたしはこうぎします。」




急がないといけない。

あの魔法は一年に一度、バレンタインの日にしか使えないのだから。

チョコレートは必需品。

しかも、昼魔法だから、太陽が出ているうちにしか魔法を使えない。

今日までチョコを作らなかったのは、本当は迷ってたからかもしれない。

でも、決めたんだ。

足が震えるのは気のせいじゃないけど。

勇気が欲しい。





「よし、できた。あんたたち行くよ、それっ」

私はバレンとアオイでバイクをつくると、それにまたがり飛んだ。

「いくじょー」

「僕はあまり気乗りしないにゃー」

「いいからちゃんと飛んで。こういうことは勢いが大事なんだから。」



外にでると、夕焼けで空は紅く染まっていた。

私は夕焼けが好きだ。

いや、違うか。アイツが夕焼けを好きなんだ。

同じ時間を過ごし、同じものを感じ。

いつの間にか、私も同じものを好きになった。

そして、何よりも、アイツが好きだ。



歩くときは腕を組むクセがあって。

嘘をつくと、眉毛が少し真ん中によるんだよ。

初めて手を繋いだのは、お化け屋敷だった。

あのときのドキドキはお化け屋敷のせいじゃないよ。

素直になろう。








逢いたい逢いたい逢いたい逢いたい逢いたい



想いが交錯する。


この恋に決着をつけるんだっ!!





魔法を使う場所は決めていた。

そこに着いたときには、太陽が沈みかけていたけど。

ぎりぎりセーフ。

夕日が見える、この高台のベンチ。

夕焼けが綺麗だと、私たちのお気に入り。





私は、いつものベンチに想いの詰まった箱を置いた。

そして、隣に座る。

静かに時間は流れる。

夕日が沈む。

昼魔法のリミットが迫る。






私は、ふぅーと息をはいた。
























「ダイスキ」













一人で唱えるその言葉は、一つの恋を終わらせる魔法の呪文。




あいたくてたまらない



そんな気持ちがスーーっと消えていく。

その変わり、私の頬を熱いものがつたっていた。

見上げた空には、月が姿をみせていた。





【 ぴーしーず | 01:13 | - | - 】
つーぴーす企画2008
ゆんた の発言:こんばんは?

彩世 の発言:なぜ疑問系。じゃあ、こんにちは。

ゆんた の発言:いや、とりあえず様子を伺ってみたよ

彩世 の発言:久しぶりだしね。

ゆんた の発言:今年の漢字は「変」でしたね(強引に本題に持ってくぞ☆)

彩世 の発言:なんか「変」てびっみょーな漢字に決まっちゃったよね。

ゆんた の発言:でも、いろいろ「変」わったことが多かった一年だと思うけど

彩世 の発言:変わったけど、アメリカのこととかも含まれてるじゃん?

ゆんた の発言:あーなるほどね。まぁそんな感じで、たまには社会派企画といきますか。今年一年を振り返りながら、時事放談なんていかがでしょうか?

彩世 の発言:いいんじゃないっすか?(テキトー)

ゆんた の発言:超真面目企画だって!(ビール飲みながら)

彩世 の発言:あーはいはい。眠いから早くしてね☆

ゆんた の発言:今夜は寝かさないぞ(はぁと)

彩世 の発言:そんな気分じゃないから。

ゆんた の発言:気分の問題!?なら、その気にさせれば(略…

彩世 の発言:ゆんたにはその気になる気がしない。

ゆんた の発言:ブログ久しぶりすぎて、ゆんたって誰!? って思ったわ。

彩世 の発言:あなた2ヶ月に1回記事書いてるじゃないの!!

ゆんた の発言:さて、1月から振り返ってみましょう!


彩世 の発言:えー・・・1月。

覚えてません。次。



ゆんた の発言:はい、じゃぁ2月!

ゆんた の発言:って、おい!

彩世 の発言:じゃあ、ゆんたさん覚えてることどうぞ。

ゆんた の発言:正月があった。

彩世 の発言:そりゃ、毎年あるでしょうよ。

ゆんた の発言:はい、じゃぁ2月!

彩世 の発言:はやっ!

ゆんた の発言:…。いいの!だってなんも覚えてないもん。

彩世 の発言:んじゃ、2月ー。

ゆんた の発言:シアターオブキスに行った♪

彩世 の発言:よかったね☆

ゆんた の発言:福岡ファイナルだから、行くっきゃないでしょ♪

彩世 の発言:うん、その話もういいや。

ゆんた の発言:ぬー!!

彩世 の発言:興味ね。

ゆんた の発言:重要!!

ゆんた の発言:バレンタインデーが補講だったより、最重要!!

彩世 の発言:あ、今年のバレンタインはどうだったの?

ゆんた の発言:ふふふ

彩世 の発言:・・・??

ゆんた の発言:ふふふふ

彩世 の発言:気持ち悪い。

ゆんた の発言:まぁたしかに気持ち悪くなってたさ。

彩世 の発言:どういうこと?



ゆんた の発言:チョコの食べすぎで☆



彩世 の発言:あー、自作自演乙wwwwwww


ゆんた の発言:

彩世 の発言:んじゃ、3月ー。

ゆんた の発言:ひなまつり

彩世 の発言:誕生日!

ゆんた の発言:ん?

彩世 の発言:私の!!

ゆんた の発言:あー!俺初めてスノボしたわ!!

彩世 の発言:スルー!?

ゆんた の発言:あ、おめでとう

彩世 の発言:今さらカヨ。まぁ、ありがとう。

ゆんた の発言:スノボ難しいよ

彩世 の発言:がーんば。

ゆんた の発言:スルー!?

彩世 の発言:応援してんじゃん。

ゆんた の発言:まぁ、ありがとう。

彩世 の発言:あと、車買った。

ゆんた の発言:あー。ミニカーだっけ?

彩世 の発言:おもちゃか!普通に軽自動車ですー。

ゆんた の発言:運転できるの?

彩世 の発言:出来る!・・・けど、上手くない。

ゆんた の発言:バックは?

彩世 の発言:・・・・・・キライ。

ゆんた の発言:夜はバックが好きなのにね(はぁと)

彩世 の発言:・・・・・・キライ。

ゆんた の発言:え、きらいなの?

彩世 の発言:・・・・・・キライ。ゆんたが。

ゆんた の発言:・・・。

彩世 の発言:んじゃ、4月。

ゆんた の発言:いちばん「変」ったよね

彩世 の発言:まぁね。

ゆんた の発言:俺が24歳になった。

彩世 の発言:どうでもいいね。

ゆんた の発言:え!?それ大事じゃね?

彩世 の発言:どんどんおっさん化してるってことだね。

ゆんた の発言:まだまだ若いぞ☆

彩世 の発言:無理してる感が出てるぞ☆

ゆんた の発言:でも、たしかに一日にできる回数は減ったよね。

彩世 の発言:そういう情報いらないから。

ゆんた の発言:凹むわ…。でも、「DRINK IT DOWN」発売で元気いっぱい。

彩世 の発言:まぁ、2人とも社会人になりましたってことで、5月ー。

ゆんた の発言:こどもの日?

彩世 の発言:いや、それ無理があるでしょう。

ゆんた の発言:大人の日ってあればいいのにね

彩世 の発言:勤労感謝の日がそれにあたるんじゃない?

ゆんた の発言:あれ、何に感謝してんの?

彩世 の発言:いつも働いてお疲れさまーて感じの日じゃないの?

ゆんた の発言:神さまが「お疲れー。休んでよいぞー。」って言って休みにしてるってこと?

彩世 の発言:神さまってなんだ。

ゆんた の発言:ピッコロとか

彩世 の発言:ドラゴンボールの実写版の予告面白いよ。

ゆんた の発言:みた!くそわろた

彩世 の発言:ありえんよね。

ゆんた の発言:いいじゃんwSF超大作だよ。でも、あれ原作はどうでもいいんだね。

彩世 の発言:ドラゴンボールの実写てのに無理があるんだよね。ハリウッドに期待はしていない。

ゆんた の発言:そのうちワンピースも実写化されるんだよ

彩世 の発言:漫画で楽しめればそれでいいよ、もう。

ゆんた の発言:それにあやかってツーピースも実写化…

彩世 の発言:したいの?

ゆんた の発言:もうかる

彩世 の発言:儲かる気が全然しねぇ。

ゆんた の発言:とりぶんは7・3な!

彩世 の発言:もちろん私が7だよね♪じゃ、6月。

ゆんた の発言:おまえは1じゃ。

彩世 の発言:実写にしようがしまいが儲かんないからイラネ

ゆんた の発言:まぁたとえ、儲けが出たと

しても俺はこのサイトをみている

みなさまにお返しするけどな♪

じゃ、6月


彩世 の発言:自分だけ好感度上

げようとしたってそうは

いかないわよっ!


ゆんた の発言:月に「変」わっておしおきよ☆じゃ、6月ー。

彩世 の発言:祝日がない。

ゆんた の発言:だー!

彩世 の発言:潤いがない。

ゆんた の発言:でも、L’7があった。

彩世 の発言:なにそれ。

ゆんた の発言:国民的行事

彩世 の発言:シラネ

ゆんた の発言:えーーーーー!

彩世 の発言:えーーーーー!

ゆんた の発言:可愛そうに。

彩世 の発言:なんで。

ゆんた の発言:人生の20/4損してるよ。じゃぁ、愛すべき7月。

ゆんた の発言:…。ってほどでもないな。夏休みないし。

彩世 の発言:そうだね。祝日も海の日くらいか。

ゆんた の発言:ポニョ!

彩世 の発言:魚の子〜♪

ゆんた の発言:みた?

彩世 の発言:見ましたよー!

ゆんた の発言:意外と面白かったよね!?

彩世 の発言:あまり期待してなかったんだけど、普通に面白かったですよ。

ゆんた の発言:うーん。俺もけっこう好きだったけどな。

彩世 の発言:ポニョ実際いたら怖いけど。

ゆんた の発言:でも、あんな一途な愛ってのが俺みたい♪

彩世 の発言:・・・ここ、カットね

ゆんた の発言:…。生かす方向でいいんじゃないかい?

彩世 の発言:一途とか一番似合わないんですけどー

ゆんた の発言:浮気。ダメ!絶対。

彩世 の発言:はいはい。

ゆんた の発言:心理テストしまーす

彩世 の発言:どーぞ。

ゆんた の発言:

真っ赤なおいしそうな苺があります。でも、それは栽培してるもので食べてはいけません。それでも、あなたはどうしても食べたくて、勝手に食べてしまいました。さて、いくつ食べて、食べた後どう思いましたか?

彩世 の発言:!?

彩世 の発言:またこれ!?

ゆんた の発言:コピペしたww

彩世 の発言:1個しか食べんって。

ゆんた の発言:詳しくは昨年のツーピース企画を。ってことで8月。といえばもう、スポーツの祭典。ですね

彩世 の発言:オリンピック!甲子園!!

ゆんた の発言:「NEXSU 4/SHINE」発売!!

彩世 の発言:あのー。ところどころにラルク入れるのやめてくれる?

ゆんた の発言:え、スポーツの祭典でしょ?

彩世 の発言:だから?

ゆんた の発言:ラルク

彩世 の発言:わけわかんないし。

ゆんた の発言:ラルクはオリンピックくらい世界的行事だぞ!

彩世 の発言:ゆんたの中だけね。

ゆんた の発言:ありえない…。オリンピックでまさかのミサイルくらい重要な出来事なのに。

彩世 の発言:開会式はすごかったねー。いろいろと。

ゆんた の発言:これからは、雨ふっちゃ困る日はミサイルうちこめばいいとおもわれ

彩世 の発言:そんなこと毎回してたら国交が成り立たないとおもわれ

ゆんた の発言:でもさ。皆既日食とか、はるばる遠い土地にいって待ち構えてたのに、雨とかなるんだぜ。

彩世 の発言:天候は人間の手によって動かしちゃいけないと思う

ゆんた の発言:ちょっと何言ってる

かわかんないです


彩世 の発言:んで何言ってるかわかんないんだよ!

ゆんた の発言:って、古いわっ!

彩世 の発言:ゆんたさんバネ付きのストラップつければいいんだよ

ゆんた の発言:最新!では、9月。

ゆんた の発言:あ、久しぶり

彩世 の発言:いまさらー。

ゆんた の発言:いや、そろそろ挨拶しとこうかと思って

彩世 の発言:いまごろー。

ゆんた の発言:9月はね。

彩世 の発言:うん

ゆんた の発言:麻生総理あたり誕生してんじゃね?

彩世 の発言:してるね。福田総理辞職もだね。

ゆんた の発言:まぁ誰が総理になってもなんも「変」わらんけどな

彩世 の発言:それ、上手いね。

ゆんた の発言:もっと褒めてくれ(ふるふる

彩世 の発言:んじゃ、10月いきましょーか。

ゆんた の発言:スルー!

彩世 の発言:褒めたら調子乗るでしょ。しつけしつけ。

ゆんた の発言:犬か。わしは。

彩世 の発言:よしよーし。お座り。お手。いいこだねー♪で、10月は?

ゆんた の発言:雌豚のくせに(ボソ

彩世 の発言:なにか言った?

ゆんた の発言:えー。10月は巨人優勝。

ゆんた の発言:ありがとうございます。

彩世 の発言:うん、特にコメントなし。

ゆんた の発言:あ、俺も車買った。遅ればせながら。

彩世 の発言:へー。ラジコン?

ゆんた の発言:ふふふ。しかし、ミニカーより格は上だな。

彩世 の発言:ミニカーはお手ごろで、いつでもどこでも遊べるんだぞ!

ゆんた の発言:ラジコンは自分で操作できるんだぞ!

彩世 の発言:ラジコンはすぐ壊れる。

ゆんた の発言:ミニカーはすぐなくなる。

ゆんた の発言:って、おい!俺の車の話しー!!

彩世 の発言:てか、車必要なの?

ゆんた の発言:うーん。買ったもののいらなかった。

彩世 の発言:お金の無駄。

ゆんた の発言:壮大な無駄はなんとかなんだぞ☆

彩世 の発言:そんなことわざシラネ。

ゆんた の発言:でも、車買ったとたん、まさかの原油高

彩世 の発言:あの頃ガソリンめっちゃ高かったよねー。

ゆんた の発言:俺が車買ったせいかとおもた

彩世 の発言:お前のせいか!!

ゆんた の発言:てへ☆

ゆんた の発言:11月は?

彩世 の発言:12月の1ヶ月前。

ゆんた の発言:うん。完全に面倒臭くなってるよね?

彩世 の発言:とりあえず、眠いよね。

ゆんた の発言:「Hurry Xmas」再販だよ?

彩世 の発言:てことで、ラスト12月。

ゆんた の発言:篤姫がおわた

彩世 の発言:高視聴率を常にとってた大河ドラマだねー。

ゆんた の発言:え、そんな感想?

彩世 の発言:だって見てないし。

ゆんた の発言:えー!来年は妻武器君だよ

彩世 の発言:妻夫木君ね。

ゆんた の発言:パソコンの変換一番「変」だってことで☆

彩世 の発言:おあとがよろしいようで。

ゆんた の発言:来年は「変」な年になりませんように!

彩世 の発言:この企画が一番「変」だけどねー。





【 つーぴーす | 00:05 | - | - 】
 
あわせて読みたい
Twitter ゆんた